Sun.

お財布の味方  


もう少しでGWがやって来ます。

私は今回のGW、天国へ渡った友の家にようやく手を合わせに行けそうです。

それからかな? 私がアクティブになれるのは・・・

普段は仕事に追われていて、友の御宅が遠い距離にあることもあり、
気持ちはあっても行けない状態でした。

ひとつの節目として、天国にいる友にお別れをしてきます。

7月には更に、亡くなった彼女が大好きだったバリ友様と一緒に行ってきます!!


ウブドは行く度に物価が高騰していて、
中々お財布に優しいワルンを探すのが難しくなってきています。

ローカルワルンも値段が高騰していますんで、そんな中でも貴重なワルン。





長期で滞在すると、こういうワルンは有難い!!

しっかり食べる時は食べなきゃ、暑い日中の気温に身体が負けちゃいます。



IMG_3863.jpg


次回も一人でこのナシゴレンを頬張っている事でしょう。

バリの通信手段、インドネシア各社のSIM状況もどんどん変わって来ているので、
趣味として、日本でもインドネシアの様々なメーカーSIMをHPでチェックしていますが、
そこは昔より確実に競争が激化してる分、お得になっているようです。

昔から比べたら、比べものにならない位、逆に安くなっています。

次回はそこを色々とバリで情報収集するのも楽しみになっています。

友に手を合わせて来たら、やっと自分スイッチがONになりそうです




2017/04/23 00:17 [edit]

category: ウブド*食

thread: バリ島 - janre: 海外情報

tb: --   cm: --

Sun.

御姐様達と持ち寄りパーティー  


縁あって繋がっている御姐様達と素敵な場所での「持ち寄りパーティー」

私は鶏の丸焼きをブンクスで持ち込み、もう一人の姐様はFUZIONの大好きサラダを!!

お喋りは続き、時間はあっという間に過ぎていきます。





虫の声とカエルの合唱を聞きながら更けゆく夜・・・


IMG_8536.jpg


夜風が心地よく、肌をかすめていきます。

こういうウブド時間が自分の中で、エネルギーのチャージタイムとなるのでした

平和って有り難い!!


2017/04/16 23:21 [edit]

category: バリ島*食 その他 

thread: バリ島 - janre: 海外情報

tb: --   cm: --

Wed.

ガルンガンの時期  


風情と情緒あるこの景色が一番好きな時、「ガルンガン」

現地の方々はさぞ、お忙しいなんて言うレベルでは無いでしょうね。

今年はニュピ明けに、ガルンガンとクニンガンが間髪入れずにやってくる。

見させて頂く側には有難いのですが、取り仕切る方々はお疲れじゃないでしょうか?





半端ない数のお供え物を作る女性陣、ペンジョールを作る男性陣。

ニュピを迎え、直ぐに今度はお盆がやってくるなんて、
正月と盆が一度に重なって、休んでる暇もない。 大変でしょうね (^▽^;)

それにしても、ペンジョールが映える道は狭い道が一番綺麗です。

狭い道の枝垂れるペンジョール、因みにシンプルな方が好みです♡

バリの皆さん、お疲れ様です!!

いつもこの風情を見せて下さり、ありがとー♪


2017/04/05 00:58 [edit]

category: バリ島*宗教&行事

thread: バリ島 - janre: 海外情報

tb: --   cm: --

Tue.

昨年のニュピの天体ショー  


これは昨年のニュピと、皆既日食が同日に起こった滅多に無い日。

ミステリアスで「これを見逃すなんて、今後もそんな機会には恵まれないだろう」
と、思った滞在のメインでした。

これはカメラに特殊なカバーをレンズ前に置き、日中に皆既日食を撮影したもの。

太陽が長くなるので、立っている人影も縦長になっていました。

月が太陽と重なり、明るいオレンジの部分が太陽なのです。

昼は昼で天体的に面白く、宿の敷地内で皆で太陽を見ていたニュピの昼間。





夜は夜でシーンと静まり返った中の天体ショー!

普段観れない無数の小さな星まで観ることが出来ました。


IMG_9095.jpg


昨年のニュピは特別でしたが、今年は行けなかったものの、きっと星が綺麗なはず。

ここ数年のニュピは神のお力もあってか、晴れてることが多いので、
その中でも昨年はとっても体験できない特別なニュピとなったのでした。

電気が普及してない昔のバリはこんなに満点の星空が毎晩見れていたのかも・・・

火が使えないとか、外出禁止などなど規制や制限はありますが、
こんな1日は日本では難しい貴重な思い出になるはず。

日本にもニュピがあったら良いのにね(*^-^*)♪



2017/03/28 23:56 [edit]

category: バリ島*宗教&行事

thread: バリ島 - janre: 海外情報

tb: --   cm: --

Wed.

思い残すことなく  


大好きだった友との永遠を別れきっかけに、自分のこれからを考えています。

人生は長いようで短い

「もっとこんな事をやりたかった!」と思っても、
誰でもそれが叶える状況にはならない事だってあるのだから。

人はそれぞれ、家庭の事情や親の事、病、時の経過と年齢を重ねるに連れて、
身辺の状況も刻々と変化します。

自分がその同じ地点に近づいて来ているのも確かです。
今は健康体だけど、数年後はどうなるかは誰にも分からない。

やっと、友の死を受け入れる所まで、自分の心の整理が出来てきた感じがしますが、
実際、友の位牌を目にする事は、友の死を受入れる事になるので、
それには少し時間が必要なのかもしれません。

でも、このままでは先に進めない。

本当は友の自宅に出向いて、すんなんりと手を合わせられるのがいいのでしょうが・・・

私の心の中にまだ、それを受け入れられない部分が存在しているのも確かです。
きっと、平常心を保てなくなってしまうと思うのです。

でも、ひとつ言える事は自分に正直に、人にどう思われようが、
悔いなく、己の気持ちに素直に自分らしく生きる事。

それは友も常に言っていた言葉。

友の肉体はもうありませんが、落ち着いた頃、友が使っていたヘルメットを形見分けに、
譲り受けに行こうと思っています。(勿論、ご家族の承認の必要が大前提ですが)

そのヘルメットを私が使用し、友が大好きだったとウブドを彼女と一緒走り回る事。

それはきっと亡くなった彼女も喜ぶ事だと思っています。





友が使用していたピカピカの真新しいヘルメットを私が被り、心はいつも友と共にウブドを走らせる!

見たかっただろう景色、風景、いつも友と一緒に行動を共にしながら、ウブドを走り抜けます。

これからも、ずっと一緒に!!

まだ、ウブドに行けるのは少し先になりますが、先ずは友の御宅に挨拶に行こうと思います。
これを書いていて、決心が固まった気がします。

受け止めなくちゃ、友はきっと私が来るのを待っている事でしょう。

そして、ウブドの新たな出発点は今までとは違う所から始めてみようか?
そんな事も自分の中で考え始めています。

自分らしく、今したいことを自分の将来の道しるべにするために・・・



2017/03/22 00:14 [edit]

category: Apelのつぶやき 

thread: バリ島 - janre: 海外情報

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カウンター

カテゴリ

過去記事

バリ島の天気・本日の月

検索フォーム

【バリの オススメ情報】

【リンク】※写真転載使用禁止!  

▼メールはこちらから▼

▼本日のレート▼

QRコード

▲Page top